HOME>医師研修について 初期研修後期研修
健友会 医師研修プログラム (都心部の地域医療)

はじめに

写真

 健友会中野共立病院は、60年以上に渡り地域医療を行ってまいりました。
 2007年2月にリニューアルし、地域に根づいた医療を目指しています。
 法人の特徴としては、中野区・杉並区に9つの診療所と4つの訪問看護ステーション、5つの介護事業所を持ち、中野共立病院はこの特徴を生かし地域一般病床機能をもつ病院となっています。
 内科とリハビリ・透析を中心に入院機能をもつ病院と外来・往診機能をもつ診療所でジェネラリストとして必要な基本的総合医療能力をつけるための医師研修プログラム(初期2年+後期3年)を準備します。
 当院の医師たちはジェネラリストとしてこの地域で活躍しています。

一般目標

  1. 写真
    プライマリ・ケアや地域医療の機能を理解する
  2. 都心部の小病院と診療所をフィールドに、よくある疾患や健康問題を学ぶ
  3. 総合的に患者にアプローチし、多岐にわたるプログラムをマネージメントする力量を身につける。

研修期間

 初期研修2年と後期研修3年の5年プログラムを準備します。

一度実習に来てみませんか?

お申し込みはこちら


初期研修 後期研修

このページのトップへ戻る
社会医療法人社団 健友会

Copyright (C) 2006 NAKANO KYORITSU HOSPITAL. All Rights Reserved.